東京駅で行われたプロジェクションマッピング TOKYO STATION VISION

東京駅で行われたプロジェクションマッピング TOKYO STATION VISION
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京駅丸の内駅舎保存・復原工事の完成を祝い、最新鋭の映像スペクタクルショー「TOKYO STATION VISION -トウキョウステーションビジョン-」が開催された。プロジェクションマッピングは物体に光を投影させる事であらゆる物体をスクリーンに変えたアートに変えられる手法でここ2,3年で多くの都市で行われている

■概要

今年のロンドンオリンピック開会式でも、話題となったプロジェクションマッピングを用いて、新しく完成した東京駅の丸の内駅舎をスクリーンにおおがかりなCG映像が上映された。

 

 

■映像のテーマ

「時空を超えた旅」で、中にはスイカの映像なども取り入れられ鉄道のファンも楽しめる内容となっていた。

プロジェクションマッピングの大きな特徴である建物と映像のリンクした動作に多くの観客が魅了された。ショーが行われる時間には多くの人で混雑し、予定していた講演が中止になるなど多くのハプニングもあったが、結果として想定よりも多くの人が関心をよせ、イベントとしては成功だったと思う。

 

■リンク

TOKYO STATION VISION


Page top↑